2017年3月28日

YKKAP、室内扉に新タイプ

 YKKAP(本社=東京都千代田区、堀秀充社長)は27日、壁紙を貼ることができるインテリアドア「ファミット」を4月3日に全国発売すると発表した。これまでの木製室内ドアは糊に含まれた水分の影響で反りが発生するため壁紙を貼ることができなかったが、木の代わりに丈夫な再生紙とアルミ箔と交互に重ねたパネルを使用することで反りを押さえた。木目色しか選べない従来に比べ、コーディネートの幅が広がる。インテリア大手のサンゲツと共同でプロモーションを実施し、まずは新築の賃貸住宅などを中心に販売して2017年度に2億円の売り上げを目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)