2017年11月10日

鉛スクラップ、未仕分け売りオファー浮遊

 鉛スクラップの売りオファーが市中を巡っている。中国向けのスクラップ輸出がストップする可能性が高まり、国内の再生鉛メーカーに売り込みが続出。しかし雑品輸出の名残りから、低品位スクラップが混入した状態で持ち込まれる事例が後を絶たず、再生鉛メーカー側の仕入れ先選別も進んで「未仕分け業者は相手にしない」(同)ため、買い手がつかないようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)