2017年11月17日

銅建値1万円下げ80万円 亜鉛建値は40.9万円

JX金属は16日、11月積み銅建値をトン1万円引き下げ80万円に改定したと発表した。最高値を更新していた米株が反落するなど投資家はこれまでの強気から一転して慎重姿勢を見せており、非鉄金属も全面安の展開となっていることを反映。為替の円高ドル安進行も銅地金の輸入採算値を下押した。月内推定平均は81万円。

三井金属は16日、11月積み亜鉛建値をトン6000円引き下げ40万9000円に改定したと発表した。月内推定平均は41万4700円。指標となった現地15日のLME亜鉛現物セツルメントは3190・5ドルと、前回建値改定時より41・5ドル下落した。

おすすめ記事(一部広告含む)