2018年4月5日

メタルドゥ、電池リサイクル本格参入

 特金スクラップ問屋のメタルドゥ(本社=大阪市浪速区、山頰敏彦社長)は今期(2019年2月期)、電池リサイクル事業に本格参入する。リチウムイオン電池スクラップ処理の新たな仕組みを導入して、月間400トンまで処理可能な体制を整える。スーパーアロイ(特殊耐熱耐食合金)の扱い量も5割増を今期目標とする。

おすすめ記事(一部広告含む)