2018年5月24日

GSユアサ、中国・トルコで能力増強

 GSユアサは22日、京都市内で開いた記者会見で、天津・トルコの新工場の自動車用鉛蓄電池の生産能力を2021年度までに5割増強することを明らかにした。中国や欧州でアイドリングストップ(ISS)車用電池の需要が見込まれ、それぞれ能力を年産600万個に引き上げる。インドのオートバイ用鉛蓄電池の年産能力も3倍の700万個に拡大する。

おすすめ記事(一部広告含む)