2018年6月5日

5月積みアルミ二次合金販価、平均3円高で決着

 アルミ二次合金メーカーとダイカストメーカーなどの需要家筋との間で行われていた、5月積み小口向けアルミ二次合金価格交渉(単月、後決め)は、キロ1円上げからキロ4円までバラつきがみられたが、大勢としては平均3円高で決着したもようだ。値上げ決着は17年12月積み以来で、5カ月ぶりとなる。新塊高による原料価格の上昇などを受けたもの。6月積みに関しては不透明感が台頭しており、目先の動向を注視する動きが目立つ。

おすすめ記事(一部広告含む)