2018年6月20日

LiB負極材を共同開発 東芝・双日・伯CBMM

 東芝の事業会社である東芝インフラシステムズ、双日、ニオブ生産・販売世界首位の伯カンパニア・ブラジレイラ・メタルジア・イ・ミネラソン(CBMM)の3社は19日、ニオブ―チタン系酸化物(NTO)を使うリチウムイオン電池(LiB)向け負極材の共同開発契約を結んだと発表した。電気自動車に適した、高エネルギー密度で急速充電可能な次世代LiBの開発に、3社共同で取り組む。

おすすめ記事(一部広告含む)