2018年6月21日

NEDOと産総研、分離技術開発センター開設

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と産業技術総合研究所は20日、廃小型家電などに含まれる金属資源の自動選別装置・システムの研究開発を行う「分離技術開発センター」(CEDEST、セデスト)を産総研つくばセンター内に開設したと発表した。金属リサイクルの高度化と省人化を両立する世界初の自動・自律型のリサイクルプラントの開発を目指す。2021年度までにベンチスケール機を完成させ、25年ごろの実用化を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)