2021年12月23日

NEDO 工場の水素利活用モデル 神戸製鋼が調査担当

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は23日、水素社会構築技術開発事業などの採択案件の詳細を発表した。

神戸製鋼所と神鋼エンジニアリング&メンテナンスは、熱によるエネルギー消費が主体の工場の脱炭素化に向けた水素利活用モデルに関して調査を担当する。

おすすめ記事(一部広告含む)