2018年8月2日

UACJ、韓国社との提携解消

 UACJは1日、韓国でアルミ圧延を手掛けるチョイル社(本社=大邸〈テグ〉広域市、李榮鎬社長)への出資を解消したと発表した。チョイル社の発行済み普通株式の5%を保有していたが、これを李社長やチョイル社の関連会社に売却した。生産・開発業務提携も解消したが、アルミ板材の取引を継続することでチョイル社とは合意しており、今後も良好な関係は維持する。

おすすめ記事(一部広告含む)