2018年8月17日

亜鉛建値4.2万円下げ29.8万円 鉛1.7万円下げ28.4万円

三井金属は16日、8月積み亜鉛建値をトン4万2000円(12・4%)引き下げ29万8000円に改定したと発表した。LME亜鉛現物相場急落を映し、2016年11月以来1年9カ月ぶりの30万円割れ。亜鉛建値の1回の下げ幅としては、2008年のリーマン・ショック以降で最も大きかった今年6月26日の3万6000円を超えた。月内推定平均は31万8700円。

三菱マテリアルは16日、8月積み鉛建値をトン1万7000円(5・6%)引き下げ28万4000円に改定したと発表した。米・トルコの対立激化などから指標となるロンドン金属取引所(LME)の鉛現物相場が急落したことを反映し、2016年11月以来1年9カ月ぶりの安値を付けた。月内推定平均は29万300円。

おすすめ記事(一部広告含む)