2018年10月29日

北陸アルミ水素将来ビジョン 20年めどシステム構築

 【金沢】産学連携の北陸アルミ水素将来ビジョン検討会議は26日、アルミ系廃棄物を原料とする水素エネルギーの普及を目指す北陸アルミ水素将来ビジョンを発表した。第1段階として2020年ごろまでにアルミ水素システムを確立する。その後は用途拡大を図りながら40年ごろまでに水素サプライチェーンを構築する。

おすすめ記事(一部広告含む)