2019年1月15日

18年韓国、廃バッテリー輸入5.4%減 初の前年割れ

 韓国関税庁がこのほど発表した貿易統計によると、2018年の廃バッテリー(使用済み自動車用鉛蓄電池)輸入量は前年比5・4%減の46万9874トンで、初めての前年比ダウンだった。輸出を規制した日本からの数量減少が響いた。一方で北米市場からの輸入は伸びており、輸入先シフトで全体数量を維持しようとする動きを見せている。

おすすめ記事(一部広告含む)