2019年1月18日

銅建値1万円上げ69万円 亜鉛6000円上げ32万2000円

 JX金属は17日、1月積み銅建値をトン1万円引き上げ69万円に改定したと発表した。指標となる海外銅相場はとりあえず底入れムードを呈しており、為替市場では円安ドル高も進んだために輸入採算値が切り上がった。月内推定平均は68万8300円。

 三井金属は17日、1月積み亜鉛建値をトン6000円引き上げ32万2000円に改定したと発表した。月内推定平均は32万1000円。指標となった現地16日のLME亜鉛現物セツルメントは2490ドルで、前回建値改定時から14ドル上昇。17日の東京為替TTSは1ドル=109・97円で、0・5円の円安ドル高だった。

おすすめ記事(一部広告含む)