2019年3月25日

銅スクラップ 棒向け中心に数量減

 伸銅メーカー各社が非鉄金属原料問屋と結ぶ長期購入契約で、4―6月期は1―3月期と比べ、複数の黄銅棒メーカーで数量減少となった。製錬メーカーや電解銅箔メーカーも一部数量を減らす。伸銅各社の生産量が鈍化していることを如実に表している。黄銅棒メーカー向けの納入枠を減らされた直納問屋は「本当にどうしようもない。メーカーの買い気が今年いっぱい上がる気配は今のところ全くない。一体いつまで黄銅削り粉の余剰感は続くのか」と話す。

おすすめ記事(一部広告含む)