2021年9月6日

銅スクラップ 中国で需給締まる

 中国の銅スクラップ需給が引き締まっている。ロックダウンが続くマレーシアからの輸入が減っていることや、中国の輸入業者が相場高を見込み集めた玉を抱え込んでいることなどが影響しているもよう。スクラップ不足から電気銅の調達を増やす動きも一部出ているようだが、電気銅の需給もひっ迫気味。7月に20ドル台ドルだった電気銅の輸入プレミアム(CIF上海)は直近100ドル付近まで上がっており、地金、スクラップとも調達環境が厳しくなっている。





おすすめ記事(一部広告含む)