2019年6月21日

特金スクラップ 市中取引「相場離れ」

 特金スクラップの市中取引で「相場離れ」が進んでいる。大手需要家である国内ステンレス・特殊鋼メーカーが、荷余りを背景に値下げ圧力を強め、ニッケル相場と連動していない購入価格を提示。市中取引の値決めにも混乱を来している。一方で、特定品種のスポット買いオファーを相場度外視の高値で出すケースも出ており、「相場なき市場になってきた」(特金スクラップ問屋)という声も挙がっている。

おすすめ記事(一部広告含む)