2019年7月26日

中国 LiB材料価格に底打ち気配

リチウムイオン電池(LiB)材料の中国国内価格に底が見えてきた。正極材の中間材料である前駆体(プリカーサー)価格が、このほど1年3カ月ぶりに小幅反発。ニッケル相場上昇の影響ともみられているが、下値探りが続いた電池材料に、在庫調整進展の兆しがようやく表れた。4分の1に相場が低落したコバルトをはじめとする、電池市場での材料余剰感の原因とされてきた中国だが、拡大する実需に見合った展開に戻るかが注目されそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)