2019年9月26日

銅スクラップ長契 一部で1号銅線増量

 伸銅、銅箔、製錬メーカー各社が非鉄金属原料問屋と結ぶ10―12月期の長期購入契約では、価格は横ばいのところが多かったが、品種によって数量増減があった。黄銅棒メーカーは、黄銅削り粉の購入量を7―9月期から2期連続で減らした。その一方で、一部の板条、銅管メーカーは1号銅線の数量増量を打診した。また、製錬メーカーは複数の製錬所で炉修に入るため、下銅の購入量を減らす。

おすすめ記事(一部広告含む)