2019年10月25日

アルミ圧延品 4―9月生産3.8%減

 日本アルミニウム協会が25日に発表した2019年4―9月のアルミ圧延品生産(板・押出合計)は前年同期比3・8%減の96万5136トンで、年度上期では2年連続のマイナスとなった。出荷も3・0%減の96万7230トンと、2年連続で前年同期を下回った。生産・出荷ともに2年連続で100万トンを割った。

おすすめ記事(一部広告含む)