2020年1月22日

貴金属相場 堅調に推移

 貴金属の相場が堅調に推移している。金はいったん調整局面にあるものの、米利上げの可能性が低いことやイランを巡る地政学的リスクがくすぶることから、下げる場面では買い戻しも入りやすい。白金は、約2年ぶりにオンス1000ドル台を回復した。他貴金属と比べ割安感もあり買われているもよう。パラジウムは供給不足の長期化懸念から、史上最高値の更新が続いている。

おすすめ記事(一部広告含む)