2020年6月29日

タイ、錫市場で再び存在感 買鉱急増し地金輸出

タイが錫市場で存在感を高めている。インドネシアの輸出規制以降は買鉱精錬国として不利に立たされていたが、ここにきてアフリカ産の精鉱調達を急拡大。中間原料の輸入も若干増やし、錫原料を確保して再び輸出回復をうかがう動きを見せている。一方では供給余剰を危ぶむ向きもあるようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)