2020年10月9日

三立機械工業 アリゲータシャー、ラインアップ拡充

リサイクル処理機械メーカーの三立機械工業(本社=千葉市稲毛区、中根亮一社長)は、廃電線などのスクラップを切断処理する油圧アリゲータシャーリングのラインアップを拡充した。刃渡りが従来機の2倍の600ミリメートルという大型機の販売を今秋より本格的に開始し、計画を上回る受注が入っている。また、従来機も含めて運転モードを充実させ使い勝手を改善。国内で多様化するスクラップの切断ニーズに対応する。

おすすめ記事(一部広告含む)