2014年1月29日

ジェコス 長沼工場、年加工2万トン超へ

 ジェコス(弓場勉社長)は来期、加工事業において主力の鉄道関連に加え、橋梁事業も伸ばすことで受注を増やし、主力拠点の長沼工場(千葉市稲毛区)で年間2万トン以上の加工量を目指す。橋梁事業では、中小橋梁を中心とした本設橋梁の施工が従来の倍以上となる見込み。設備投資では、H形鋼加工ラインの整流化などを行い、製造コスト低減による利益率向上も図る。

おすすめ記事(一部広告含む)