2020年11月13日

非鉄製錬7社 増減益まだら

三菱マテリアルを除く国内非鉄製錬大手の2020年4―9月期決算が出そろい、前年同期比では増減益のまだら模様となった。主要金属価格が期中に急回復し収益を支えた一方、コロナ禍による4―6月期の自動車関連製品の減販や海外出資鉱山の減産が尾を引いた。電子材料系の製品販売は総じて好調に推移した。金属価格の上昇に伴い通期予想の上方修正が相次いだが、最終損益ベースで前年度実績を上回るのは3社にとどまる。

おすすめ記事(一部広告含む)