2020年12月9日

関西伸銅品市況 買い控え気配強まる

関西地区の伸銅品市況で買い控えムードが強まっている。銅建値が4日までに7回連続で上方改定され、ここ1カ月余りで銅系はキロ90円前後、黄銅系は70円前後という急上昇ぶり。市中筋からは「今月に入って荷動きが落ちてきた」(黄銅棒専業問屋)との声が挙がっており、年末にかけて在庫を絞るか思案どころを迎えている。

おすすめ記事(一部広告含む)