2020年12月10日

横浜市 UBC入札1年8カ月ぶり130円台

 使用済みアルミ缶(UBC)の売却量で全国有数を誇る横浜市(戸塚区・鶴見区・緑区・金沢区)の2021年2月渡し入札がこのほど行われ、平均価格は前月渡しより11・4円高い132・1円だった。130円台を回復したのは1年8カ月ぶり。他アルミスクラップの発生が少ない中、季節的な要因からUBC減少していくことなどが意識されたとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)