2020年12月25日

銅スクラップ1―3月長契 数量横ばいから減少

原料問屋や商社が伸銅、製錬、銅箔、電線メーカーと結ぶ銅スクラップの長期納入契約で、2021年1―3月期は数量がおおむね横ばいから減少となったもようだ。伸銅メーカーの生産量復調に伴い増量が期待されていたが、最も好調な板条メーカーでも増量はほぼ見られなかった。黄銅棒メーカーには増量しても価格条件を下げるところもあり、原料問屋関係者は落胆の表情を浮かべる。

おすすめ記事(一部広告含む)