2021年3月18日

塩ビ可塑剤価格が急騰 独工場火災で供給不安

 電線副資材の塩化ビニル可塑剤のスポット価格が急騰している。今月、可塑剤のアルコール原料を製造する欧州メーカーで火災事故が起き、供給不安による争奪戦が世界中に波及。国内でも需要家に対して数量制限が敷かれた上に、大幅値上げが通達されているもようだ。高騰する銅コストの転嫁を急ぐ電線メーカーにとっては、採算面で追い打ちをかけられる形となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)