2021年4月6日

触媒資源化協 貴金属・レアメタル回収38%増

 触媒資源化協会(会長=安田豊・JX金属取締役常務執行役員)がこのほどまとめた統計によると、会員企業の2020年の触媒資源化(使用済み触媒や電子材料、歯科合金などからの貴金属・レアメタル回収)実績は前年比38%増の4956億3685万円と大幅に伸びた。回収金額の9割超を占める貴金属が好調。貴金属のうち触媒からの回収による貴金属量は2・3倍の81トンに伸び、金額は64%増の1840億2623万円だった。ロジウムやパラジウム、金などの貴金属単価の上昇が寄与した。

おすすめ記事(一部広告含む)