2021年4月20日

DOWAHD 廃LiB熱処理能力拡大

 DOWAホールディングスは19日、グループ会社のエコシステム秋田(本社=秋田県大館市、小山光弘社長)の使用済みリチウムイオン電池(LiB)の熱処理能力を最大6倍に引き上げると発表した。既設焼却施設の3号炉において、LiBや電子機器処分の認可を得たため。スクラップの1日の能力は18トンで、6月の受け入れ開始を予定する。熱処理後のLiBはエコシステム秋田の親会社で中核事業会社のDOWAエコシステム(本社=東京都千代田区、矢内康晴社長)が持つ再資源化ラインで、コバルト・ニッケル混合物などを分離回収する。

おすすめ記事(一部広告含む)