2021年7月6日

大河内金属 アルミ薄板切断販売参入

 軽圧品問屋の大河内金属(本社=兵庫県尼崎市、大河内弘毅社長)は、アルミ薄板の切断販売に新たに参入する。このほど、中小企業庁が主幹する第1回・事業再構築補助金制度(通常枠)に事業計画が採択され、今後は補助金を活用し、展開する4工場のいずれかに薄板の切断設備を導入する。大河内社長は「定尺品の店売りではなく、当社が強みとするユーザーとタッグを組んだ形での加工販売を目指す」と、意欲を語る。

おすすめ記事(一部広告含む)