2021年10月19日

アルミ缶プレス 最高値圏で需給タイト

アルミ缶プレス(A)の市中価格が最高値圏にある。指標となる新地金が13年ぶりの高値にあることから、アルミ缶再生地金(RSI)が選好されやすい。季節的な要因で使用済みアルミ缶(UBC)の発生は増えているものの、堅調な需要に対し不足した状況が続いている。すでに市町村の入札価格が一段高しているため、先行き市中価格も追随高する可能性が高い。





おすすめ記事(一部広告含む)