2022年6月29日

特金スクラップ 売り先難で荷繰り緩和

特金スクラップの市中取引にブレーキがかかり、荷繰りが緩んでいる。価格指標のロンドン金属取引所(LME)ニッケル相場が急落し、スクラップ価格の先安観から手持ち筋の売り意欲は高まっているが、6月以降は大手需要家の買い気が鈍く、輸出業者も買い止め状態。需給バランスの緩みから一部で値崩れも起きているようだ。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)