2022年9月14日

大剛 下山テクノパークに第2工場完成

ペレット型製鋼用アルミ脱酸剤の最大手・大剛(本社=京都府八幡市、安田奉春社長)はこのほど、下山テクノパーク(京都府船井郡京丹波町)に建設を進めていた第2工場が完成した。1ラインを増設して2ライン体制とし、生産能力を従来の倍の2000トンに引き上げた。全社では3000トン体制となる。投資額は8億円。

おすすめ記事(一部広告含む)