2015年1月20日

安田産業グループ、大剛 新工場が稼働

資源リサイクル業者の安田産業グループは(本社=京都府久世郡久御山町、安田奉春社長)でアルミ脱酸剤などを手掛ける大剛(本社=京都府八幡市、同)は、京都市伏見区に建設していた新工場が完成し、このほど稼働を開始した。同拠点は、アルミ缶やペットボトルといった包装容器と古紙専用の選別工場で、処理能力は従来比150%増の月450トン。投資額は土地取得費用などを含めて10億円。

おすすめ記事(一部広告含む)