2014年1月31日

トルコ向け鉄スクラップ 米国産、続落の公算

 米国のトルコ向け新規鉄スクラップ輸出価格は、続落が見込まれている。トルコは粗鋼生産が約7割を電炉が占め、年間鉄スクラップ輸入量は2000万トン以上と世界最大の需要国だが、製品市況の低迷に加え、対ドルでトルコリラ安が進行している影響が大きく、「鉄鋼メーカーの鉄スクラップ需要は、急速に落ち込んでいる。新規商談は見送っているもよう」(商社)という。

おすすめ記事(一部広告含む)