2016年12月12日

伯ヴァーレ 年産9000万トンの大規模鉄鋼山、商業生産1月開始

 伯資源大手のヴァーレは9日、開発中の大規模鉄鉱山、S11Dの操業許可を取得したと発表した。1月に商業生産を開始する。高品位とコスト競争力を併せ持つ年産9000万トンの大規模鉱山を立ち上げることによって、品質、コスト、規模ともに競争力を強化する。2020年までに年産最大4億5000万トンと16年見込み比で約1億トン増産する方針を掲げており、増産計画の柱として運営する。

おすすめ記事(一部広告含む)