2019年4月3日

豪FMG、磁鉄鉱石開発を承認 立ち上げ22年めど

 豪鉄鉱大手のフォーテスキュー・メタルズ・グループ(FMG)は2日、豪州の磁鉄鉱石開発計画、アイアン・ブリッジを承認したと発表した。26億ドル(2890億円)をかけて鉄分67%の磁鉄鉱精鉱年産2200万トン体制で2022年半ばまでに立ち上げる。既に年間530万トン分、5件の引き取り契約が成立しているという。高品位資源の開発によって全体を押し上げ、FMGの出荷製品の大部分が鉄分60%に高まるとしている。
おすすめ記事(一部広告含む)