2019年5月13日

タカギスチール、航空分野向けで引抜加工

 特殊鋼加工・流通のタカギスチール(本社=名古屋市中区錦3―7―19、髙木智英社長)は今夏以降、特殊鋼全般にわたる異形引抜製品メーカーであるシルド(東京都中央区、吉川伍郎社長)との協業体制を強化し、航空宇宙分野向けのドローベンチ(冷間引抜)加工請負を本格化する。同分野向けに高機能材の引抜加工を行える企業は全国的にもまれで、タカギスチールの持つ航空宇宙防衛産業の品質マネジメントシステム規格「EN9120」認証とのシナジーでニーズの深掘りを図っていく。

おすすめ記事(一部広告含む)