2015年4月7日

リバースチール、外面螺旋溝付鋼管を開発

 鋼板や鋼管の加工・販売などを手掛ける、リバースチール(本社=横浜市磯子区、芝田誠社長)はこのほど、STK400グレードの外面螺旋溝付鋼管を開発し、製造・販売を開始した。引抜鋼管の豊富な製造実績をもとにした、独自の成形技術が活用されている。すでにトンネル掘削用として採用実績があり、今後は新たな需要分野にも応用展開していく考え。

おすすめ記事(一部広告含む)