2009年5月25日

日新製鋼、単独設投330億円

 日新製鋼は22日、2009年度の設備投資計画(単独・工事ベース)を前年度比6・1%減の330億円と策定したと発表した。

 本年度に完了する予定の主要工事は、呉製鉄所の熱間圧延設備リフレッシュ(総投資額190億円)、同・高炉熱風炉建設(50億円)、周南製鋼所の冷間圧延設備リフレッシュ(50億円)、市川製造所のステンレス箔圧延設備建設(20億円)、同・連続塗装設備リフレッシュ(10億円)――など。
おすすめ記事(一部広告含む)