2010年2月5日

東京地区のSTK、販売低迷で軟調

 一般構造用鋼管(溶協品、STK)は弱含み気配。現行はベースサイズ(STK400、48・6×2・3ミリ)で、トン当たり11万円前後。冬場の不需要期から販売低迷が長引いており、軟弱相場が続いている。

おすすめ記事(一部広告含む)