2010年2月9日

鉄スクラップ相場、国内 一部3万円超

 国内鉄スクラップ相場(H2)が昨年9月以来、5カ月ぶりに一部トン当たり3万円を突破した。

 東アジア向け輸出の契約消化が進むなか、「国内電炉の2―3月生産は1月比で増加する見込みだが、炉前在庫が全国的に低水準のため、内航船による域外購入など全国的に鉄スクラップ調達の動きが活発化している」(商社)ことなどが国内鉄スクラップ相場を押し上げた。また、生産好調な高炉メーカー各社も市中鉄スクラップ調達を継続しており、当面、市況は堅調推移する見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)