2010年2月24日

熱延薄板市況、米欧で底打ち反発

 米パーチャシング誌によると、1月の米中西部の熱延薄板価格は前月比41ドル高のネットトン541ドルと上昇に転じた。2カ月連続で下がっていたが、メーカーの相次ぐ値上げで底入れ反発した。メトリックトン換算で596ドル(5万4100円)と2008年12月以来の600ドル台が視野に入っている。

 熱延鋼板は欧州でも4カ月ぶりに反発し、中国でも3カ月連続で上昇した。ただ、中国では1月中旬をピークに鋼材が値下がりしており、在庫調整の動きなど流動的な要素もある。

おすすめ記事(一部広告含む)