2010年6月3日

普通鋼輸出、7カ月連続増241万トン

 日本鉄鋼連盟は2日、4月の鉄鋼貿易実績を発表した。それによると普通鋼鋼材輸出量は前年同月比75・6%増の241万1000トンとなり、7カ月連続の増加となった。前月比では16・8%減と3カ月ぶりに減少に転じたものの、韓国、台湾、中国などの需要が好調で、依然として高いレベルを維持している。

 ただ4月下旬から中国市況が変調し、下落に転じていることから、7月積み以降の輸出商談で高炉メーカーは苦戦しており、7月から減少に向かう可能性もあるようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)