2010年6月8日

東京地区 切板市況に上伸気配

 東京地区の切板市況は上伸気配を強くする。メーカーの値上げを受けて、シャーリング各社は切板価格への転嫁を急ぐ。市況は9万円台後半だが、5月中旬以降シャー各社が5000円程度提示価格を引き上げており、一部にはトン当たり10万円の成約も出始めた。在庫調整が進展したことで、在庫減らしのための安値受注も見られない。母材の先高観は依然として強く、市況を押し上げる要因となりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)