2010年6月10日

日立機材、小型柱脚工法を販売

 日立機材は9日、被覆コンクリートによって強度と剛性を向上した被覆型弾性固定柱脚工法「日立クリアベース」を発売すると発表した。中低層、小規模建築物に対応し、従来の露出型柱脚に比べて耐力を3割向上、コストを2割削減。性能向上により設計の自由度も広がる。7月1日から販売を開始し、2010年度は5億円、11年度15億円、12年度20億円と拡販する計画だ。

おすすめ記事(一部広告含む)