2010年6月11日

大阪地区の等山形、先安観広がる

 等辺山形鋼はトン当たり8万3000円(ベースサイズ、置き場渡し)どころで、横ばいの展開。2―4月に発生した仮需の反動で引き合い、荷動きともに低調な推移が続いている。「同業者もユーザーも相場の下落を見込んでおり、小口当用買いに徹している」(特約店筋)といった声が聞かれる。

おすすめ記事(一部広告含む)