2010年6月14日

中国需要2億トンに拡大 鉄リ工業会国際フォーラムより

 日本鉄リサイクル工業会が10日に開催した「国際鉄リサイクルフォーラム」で、国際リサイクル協会(BIR)鉄鋼部門会長のクリスチャン・ルーバッハ氏が「世界の鉄スクラップリサイクルにおける最近の傾向と展開」をテーマに基調講演を行い、BIRの試算で2009年の世界鉄スクラップ消費量が前年比13・2%減の4億6000万トンにとどまったことを明らかにした。

 一方で、今後の中国における鉄スクラップ需要について、「年間約2億トンまで拡大する算定がある」と述べたほか、対ドル・ユーロ安の影響などでEU圏の鉄スクラップ輸出量がアメリカを上回る可能性を示唆。基調講演後にはパネルディスカッションを行い、「今後の東アジアにおけるスクラップ需給の見通し」などについて各国団体の首脳が意見交換した。

おすすめ記事(一部広告含む)